HOME > ブログ > アーカイブ > ブログ

ブログ ブログ

ダイソーのレンガシートで2階の納戸の壁をリフォーム

ダイソーのレンガシートは何種類かあるんですけど、今度は小さなサイズで赤いレンガがランダムになっているものを使って2階の納戸(Storeroon)の壁をリフォームしました。

完成後はこんな感じになりました♪




施工前はこんな感じ。

作業用にコンセントとスイッチのプレートを外して本格的な感じ。(笑)




こっちも。




作業中こんなアクシデントはしょっちゅうでございます。

この後強制退去していただきました。




なんだかんだやりながら、かんせ~い!

ワインセラーのような地下に続くケラーのような♪

別世界な感じ~。




このレンガタイプはもともとランダムな感じなので、縦の柄合わせが楽です。

これだけやって8枚で、余りがでませんでした。

優秀!




いい感じです♥




ゴンも気に入ったみたいで、ずっと出てきませんでした。(笑)



あんよが可愛いね♥



 

「アルチンボルド展」を楽しんできました。

昨日、国立西洋美術館で開催されている「アルチンボルド展」に行ってきました。

毎週金曜日は美術館の開館時間が20時までなので、夕方に入ってゆっくりと楽しむことにしています。

明日の「日曜美術館」はアルチンボルドの放送なので、ぜひその前に鑑賞しておこうと思いました。

入り口を入ってすぐに、ちょっとした”お楽しみ”があります。

自分の顔がアルチンボルド風?になって写真を撮れるのです。

やってみました!



ちょっと、こ、怖い・・・・

前の人のを見ていると、ちゃんと特徴をとらえて違う顔になっていましたので、

え、私ってこんな感じなの?



アルチンボルドの作品の展示の他には、アルチンボルドに影響を受けて他の画家が描いた寄せ絵や、ダ・ヴィンチの植物の習作などもありました。

でもやっぱりアルチンボルドの絵は全然違いますね!

うまいなぁー!

気持ち悪い作品もあるのですが、見入ってしまいます。

描写が非常に細かいので、拡大パネルの展示がナイスアシストでした。

スライドトークもタイミングよく受けることができましたし、アルチンボルドのユーモアたっぷりの芸術の世界を堪能しました♪



 

ルオーの「グレゴリー」をジュエリーにしました。

ビセルのPictorial Art Jewelryの13作めは、ジョルジュ・ルオーの「グレゴリー」です。

ルオーはマティスと親交の深かったフォーヴィスムの画家です。

日本ではパナソニックミュージアムに所蔵作品が多くあります。

意外にも日本の画家たちともつながりがあり、与えた影響も小さくはないようです。

ルオーは絵の具を厚く描くのも特徴で、先日の「マティスとルオー展」では、実際の絵を3Dコピーにしたものを触らせてもらうことが出来ました。

黒の輪郭線をはっきり描くのもルオーならではの技法です。

宗教画も多く描いていますが、今回の「グレゴリー」は最晩年に描いていたサーカスの登場人物を題材にしているようです。

肖像画とも言い難いなんとも不思議な作品ですが、黄や緑やオレンジなどのカラーが見事に調和しています。



絵をよく見て色を選んでいくわけですが、何色を強く感じるかでジュエリーの構成が変わってきます。

組み合わせたビーズの色は時間帯によっても見え方が変わったり、合わせたビーズに影響されて色が変わって見えることもあります。

特徴的だと思った色を入れすぎると、他の色が目立たなくなることもあります。

そのようなことを味わいながら取り組むのはすごく楽しいです。



もとになる絵画と離れてみても、ジュエリーとして成立していることも大事です。

たくさんの色のビーズを合わせているので、調和するのはビセルジュエリーの最大の特徴でもあります。





何回も手直しして、やっと完成した作品ですから、愛おしいです。

すでに次の作品に取り掛かっています。

次回はナビ派の作品です。

お楽しみに♪

 

DAISOのレンガシートとタイルシールで階段をリフォーム★

DAISOのレンガシートとタイルシールで、今度は2階へ上がる主階段をリフォームしました。

ここは採光が弱いのでアイボリーのレンガシートを立ち上がり部分に貼って、それからニッチの壁にも細工しました。



タイルシールはちょっとぷっくりしているタイプのもので、デザインがなかなか可愛いいんですよね。





シールだから凹凸も出ないし、狭い階段室もこれなら邪魔にならずにGOOD!

はがせるので、模様替えも簡単にできますね。



タイルというとポルトガルとか勝手にイメージしましたけど、タイルの模様がアラブっぽくもあり、大好きなペルシャじゅうたんともマッチしています。

今度はモスクを研究しよっと。



ゴンもたいそう気に入ったようです♪

数日間、私のあまりの熱中ぶりに呆れていましたが・・・(笑)



こんな風にお出迎えしますにゃん。(=^ω^=)♪



レンガシートもタイルシールも1シート100円ですから、コスパも魅力です。

すっかりはまりました。

めっちゃ楽しいです♪



 

DAISOのレンガシートでポルトガルになりました。

DAISOのレンガシートで「基地」中のリフォームを楽しんでいます。

アトリエの壁に白系のレンガシートを施したら、あら、ヨーロッパの旧市街っぽいかも?となり、いっそアトリエに上がる階段も!

ということで、やりました。

変化をつけて赤いレンガにしました。

壁にはタイル調のシールを施して、ポルトガル風に♪

おーっ!

セットが家の中にあるようで、非日常な雰囲気になりました。






踏板部分はそのままですが、立ち上がり部分にレンガシールを貼るだけで変わりますね~。




下から見るとレンガ感が増しますね♪







ポルトガルは夫とリスボンを一度訪れたことがあります。

太陽の日差しに映える白壁とタイルが眩しかったことが思い出されます。

また行きたいなぁ。

 

夢いっぱい♥乙女カラーのブーケができました!

ビセルインターナショナルでは、不定期にブーケのワークショップを行っております。

昨日はビセルビーズアカデミーで、ずっとビセルビーズを楽しんでいただいていたYさまと、ブーケ作りを楽しみました。

ピンクがお好きと伺っていましたので、ピンクのお花をたくさん用意しました。

その中からご自身でお花を選んでいただいて、ブーケに仕上げていきます。

自分の大好きがきゅっとつまった素敵なブーケが完成します♪



見ているだけで幸せな気持ちになります。



いろんなお花の種類を盛り込んで、小花を散らしたように仕上げるのがビセルブーケの「今」風?

お花があるお部屋って癒しの空間になりますよね。

笑顔いっぱいのワークとなりました。

ありがとう♥


 

ヨーロッパの旧市街の街並みのような♪

レンガシートのリフォームはまだまだ続いております。

今度は、スキップフロアのアトリエの壁でございます。

チョキチョキとレンガ模様を適当に切り離して、ランダムに貼りました。

ヨーロッパの旧市街に迷い込んだような♥

だぁ~い好きな雰囲気になりました~!



あーいいねぇ♪



 

ビセルビーズお花のリングの三美神ディスプレイ

先日、ビセル基地のレッスン場の投稿で、ビセルビーズお花のリングの三美神ディスプレイをご紹介しましたが、お人形の形状の都合でリングが安定しないという悩ましい状態でした。

何とか安定できないかと考えて・・・

少し斜めにいい感じに設置できるようになりました♪




お帽子をかぶっているみたいですね♥




どうしたかというと、後ろから見ると~♪

ん?

ちょっとした工夫です。




それがないと、こんな風に垂れてしまいます。。。




なので、引っ掛けるようなものをつけました。




あら~かわいい♥



リングのディスプレイは夢があって楽しいです。

 

フランス絵画の宝庫「ランス美術館展」鑑賞しました。

新宿の損保ジャパン日本興亜美術館で開催されている、フランス絵画の宝庫「ランス美術館展」鑑賞してきました。

私が観たかったのは、ジャック=ルイ・ダヴィッドの「マラーの死」

それと、チラシのメインに取り上げられている、藤田嗣治の「マドンナ」など。

「マラーの死」は、書籍などでは何度も見ていましたが、本物に会えた感激は言葉で表現できないほどで、そこだけ空気が違っているようでした。

やっぱり、本物の絵画から発するエネルギーってすごいなと思いました。

藤田嗣治の「マドンナ」は、サイズは思っていたより小さいものでしたが、不思議な魅力を感じる作品でした。

黒人のモデルも珍しいものですし、周りに描かれためっちゃリアルな黒人の天使も見たことないモチーフです。



他にも、ドラクロワ、シャセリオー、ピサロ、ゴーギャン、ドニなど、作品は1点ずつであったりでしたが、渋い作品ばかりで、観ていてじわっとくる感覚を楽しむことができましたね。

特に、モーリス・ドニの「魅せられた人々」に魅せられてしまいました。

帰りにショップでポストカードを買ったんですけど、そういえば「ナビ派展」でもドニのカードを買ってました。

どうやらドニ好きです。

ピンクとブルーの色合いがすごく素敵なんですよね、すっかり気に入ってしまいました。

どんなに西洋絵画のイロハを勉強しても、私はやっぱり鑑賞ポイントは「色」なんですね。

いずれドニのピンクと水色の作品でジュエリーを作ろうと思います。


 

リメイクシートでキッチンをプチリフォーム

先日、レンガ風のリメイクシートでリビングルームの壁をプチリフォームしました。

ブログやフェイスブックで紹介したところ、皆様に好評をいただき嬉しいです。

もう1枚手元にあったので、これをどこに施そうかと考えて、キッチンの換気扇の上にやることにしました。

どうでしょうか~?

まったくカットせずに1枚をそのまま貼りました。



これ1枚貼るだけで、カントリー風のキッチンに!

なったんじゃないかなぁ~。



リメイクシートは、ダイソーやセリアなどで100円で手に入るのですが、お店によって置いてある商品が違うので、自分の好みのテイストを選ぶのがいいですよね。

今度は板張り風のシートで、2階のトイレの壁をリフォームしてみたいと考えています。

 

123456789

« 嫁ぐ日のジェリー(R)ビセルアンフラ | メインページ | アーカイブ | ニュース »

PAGE TOP