HOME > ブログ > アーカイブ > ブログ > 11ページ目

ブログ ブログ 11ページ目

ゴーギャンの絵画をジュエリーにしました。

絵画シリーズ10作目は、ポール・ゴーギャンの絵画です。

絵のタイトルは『なぜおまえは怒るのか』です。



ゴーギャンは晩年をタヒチで過ごし、現地の風景や人々を題材に多くの絵画を描いています。

こちらの絵は1985年に開催された『シカゴ美術館印象派展』の図録に収められている絵画です。

ゴーギャンというとタヒチ、でしょうか。

もちろんそれ以外にも多くの素晴らしい作品がありますが、タヒチを題材にした作品でジュエリーを作りたいと思いました。

ビセルビーズジュエリーで参考にしたいのは「色」です。

絵画のテーマはそれほど影響しないのですが、こちらの絵はだれが怒っているのかわからないですねぇ?

おまえとはだれのことなのでしょう。。。??

絵画は謎めいているほどその魅力に惹きつけられるような気がしますので、ゴーギャンのたぐいまれなる感性によって描かれた絵に酔いしれながら制作するのはとても楽しい作業でした。



実は絵画ジュエリーを制作しているうちに、美術史に興味を持ってしまい、特に西洋美術史に関する本を読むことに夢中になってしまいました。

なのでこの作品の完成までには寄り道によりすっかり時間を要してしまいました。

絵画ジュエリーを楽しみにご覧いただいている皆様はお気づきのことと思いますが、実際の絵画と比べて印象が違うような感じがしているのではと思います。

この絵画からジュエリーを作ろうと思う人はめったにいないんじゃないかと思いますが(笑)

作ってみると、ジュエリー作品として私は好きですね、って感じになりました。

明るめに写真を撮りましたので、絵画とはさらに違った印象となっていることもありますが・・・

ゴーギャンの配色はこれまでのどの画家とも違うものだということがわかるような気がします。



カラフルなんですけれど、大人のジュエリーですね。



ゴーギャンの絵画と同じに、いろいろな解釈を楽しめるジュエリーになりました。

絵画ジュエリーはやればやるほど奥が深いです。



 

ビセル流ディスプレイ<トレイ編2>

前回もトレイの活用をご紹介しましたが、ビセルビーズのディスプレイにはトレイがいい感じに活用できたりしちゃいます。

第2弾は、プラスチックのシンプルな形のトレイを、デコラティブでシャビーなトレイに変身させたいと思います。

出来上がったトレイにディスプレイするとこんな感じになりました。

これならビセルビーズ作家の皆さんにもおすすめできると思います。(^^)




もとはこちらが材料となっております。

ベースの色が白いものを選んでみました。

金属のパーツはいろいろ探したのですが、100均で見つけたこちらでやってみます。




ボンドでこのように貼ります。

ボンドがはみ出た貼り後はきれいに取っておいた方がいいようです。

私は後で気づきました。。。




白いペンキで塗っていきます。




1度塗りしたところです。

下地が見えてますね。




下地が見えてしまうので、4度塗りしました。

キレイに白くなりました♪



この後で、いつものようにシャビーに仕上げました。

金属のパーツが浮き上がっていい雰囲気のトレイになりました♪

シャビーな小物たちとの相性もバッチリです。



bisseruのブランドショップではステンレスのレトロなトレイを活用していますが、トレイそのものを見つけるのもご縁ものですし、持ち運びには少し重いのでプラスチックの方が扱いも楽です。

塗るときのコツは、とにかくきれいに塗ることです。

後で汚し加工するとしても、きれいに塗るのです。

丁寧なおしごとが大事です!

ぜひやってみてくださいね~♪


 

マリー・アントワネット展に行ってきました。

今日、念願のマリー・アントワネット展に行ってきました。

なんと4カ月前から最速割チケットを購入しておりました。

行かれた方からいいよ!と聞いていたので、とても楽しみでした!



おそらくマリー・アントワネットをテーマにした展覧会ではこれまでで一番素晴らしかったかもしれません。

マリー・アントワネットの生涯が数々の愛用品や絵画などから、とても詳しくわかるようになっています。

空間再現でも、まるでヴェルサイユ宮殿にいるような雰囲気です。

こちらは宮殿内にある寝室を再現した部屋です。

ここだけ写真撮影がOKでした。



いいですね~♪



マリー・アントワネット好きの女子たちで会場は大変な混雑でしたが、それでもすべての展示を観ることができましたし、満足しました。

マリー・アントワネット大好きですから♥

ごった返しのギフトショップで見つけたのはこちらの本です。

なかなか重厚なハードカバーの本で、マリー・アントワネットのヴェルサイユ宮殿での日々が素敵な写真や資料とともに紹介されています。

私の宝物になりました。

クリアファイルも大切に使いたいと思います♪



そして、もう1つ。

お菓子のマリービスケット。

これ大人気でしたね(笑)



アントワネットの写真があるだけなんでしょうけど、お値段もお土産価格になっていました。
(笑)

教室でおやつにいただこうと買ってまいりましたので、皆さんでいただきましょう♪




 

久々に~♪リボンフラワーパーツデコレーション

無性に針と糸を使って何かを作りたくなる、って手芸好きの人にはあるあるかも?

最近やってなかったなぁ~。

そう、リボンを使ってお花のパーツをこしらえて、素敵なデコレーションミラーを作ります♪

カラフルなリボンで巻ばらをつくったり、絞って丸いお花を作って、オーバルのミラーをデコレーションしていきます。



ビーズほどじゃないけど、リボンもいろんな色があってときめいちゃいます♥



お花を作りながら配置して、色を見ながらお花を取り換えたりして♥

きゃぁ可愛い~♥



女子力アップしそうな色合い?

癒されちゃうわ~♥



数ミリの幅のリボンで小さなお花を作るので、手が攣りそうになります。(笑)

でも、小さいから可愛いのです。

おお、ビセルビーズのお花のようです♥



絵画シリーズとは全く違う色の世界です。

いろんな色に触れて、色彩のすばらしさを楽しめるって幸せだ。


これまでのフラワーリボンパーツデコレーション作品はこちらからご覧いただけます。


 

ゴン館長見守り中?

ビセル基地のゴン館長です。

ときどきこんな風に教室の隅に・・・

隠れているのかはたまた


ビセル流ディスプレイ<お皿編>

ビセルビーズアカデミーの作家コースでは、様々なツールを使って自らビセルビーズ作品のディスプレイをマスターすることも目指しています。

今回ご紹介するのは、100均で手に入るお皿を使ったツールを作ります。

これまでもいろいろなお皿をディスプレイツールとして活用してきましたが、いつも同じ材料が手に入るとは限らないんですよね。

でもその方が、今見つけたツールがとても貴重なものに感じられるので、むしろいいことかもです。(笑)

こちらはセリアで見つけたミルクガラス風のプラスチックのお皿です。

このままでも可愛くて、これでフルーツとか食べたらおいしそうです♪



ビセルでは裏返します。

「裏」が肝です。

大きさ、形もよさそうです。



で、白く塗ってちょっとシャビーに♪

ひらひらが可愛いです♥



ベリーチョーカーとイヤリングをディスプレイしました。

一気に華やかになりますね♪



いいですね!

ビセルビーズのカラフルな作品を引き立てるぴったりのツールになりました。


ディスプレイテクニックはこちらでもご紹介していましたので、どうぞご覧ください♪

http://ameblo.jp/bisseru/theme1-10058587002.html



 

2016年8/16発売 『BEST FLOWER ARRANGEMENT 秋号』に掲載

◆フォーシーズンズプレス社発行の 『ベストフラワーアレンジメント 秋号 Vol.59』 にビセルビーズ作品と、ビセルビーズアカデミーの情報が掲載されました。



P.28からの「ゴッホの一生をたどる花の旅」の特集にて、P.59に画家ゴッホをオマージュする花❹『ゴッホがこだわった「黄色」を求めて』ビセルの「ひまわり」の絵画ジュエリーをご紹介いただきました。



P.130からの「マイセン展」の特集にて、P.150、151に「ビーズと磁器の異なる素材のハーモニー」としてビセルジュエリーをご紹介いただきました。



P.201のNews & Notice informationにて、ビセルの絵画ジュエリーがニュースになりました。


※ビセルインターナショナルの誤りです。

P.215には、ビセルビーズアカデミーの情報が掲載されました。



『ベストフラワーアレンジメント 秋号 Vol.59』 は、2016年10月8日(土)~12月18日(日)東京都美術館で開催の『ゴッホとゴーギャン展』のギフトショップでもお求めいただけます。




ビセル流ディスプレイ<トレイ編>

白いアイテムはビセルビーズを素敵に引き立ててくれる強力な相棒です。

ビセルビーズアカデミーの作家コースでは、様々なツールを使って自らビセルビーズ作品のディスプレイをマスターすることも目指しています。

そしてビーズアートショーでは、ビセルビーズアカデミー認定作家のみなさんが、アイディア溢れる様々な奇想天外の白いツールを使ってディスプレイを楽しんでいます。

いろいろなツールが意外な活躍をみせるんですよ!

そして何でも大胆に白く塗ってしまいます。

今回ご紹介するのはトレイを使った、割とベーシックなディスプレイでしょうか。




もともとアイボリー系のトレイですが、ペンキで塗装してからある加工をするとシャビーな感じに仕上がり、ビセルビーズのカラフルな作品を引き立てるにはぴったりのツールになります。

加工作業中の様子です。




仕上がりはこんな感じです




ここにアンティークのカードとヴィクトリアンなフレームを合わせます。




作品をディスプレイしました。

ビセルビーズはシャビーなツールと相性ばっちりです!




別のカラーの作品と入れ替えてみました。

より一層華やかになりますね。






ディスプレイテクニックはこちらでもご紹介していましたので、どうぞご覧ください♪

http://ameblo.jp/bisseru/theme1-10058587002.html


 

ドガの「踊り子」をジュエリーにしました。

 絵画シリーズをいつも楽しみにしていただきありがとうございます。

絵画の色彩からビーズを選び、ビセルジュエリーにしていく作業は職人になったように取り組んでいるような気がします。

素晴らしい絵画は本当にたくさんありますので、ライフワークはまだまだ続きます。

さて、ドガの「踊り子」の作品をビセルジュエリーにしたいとずっと思っていました。

そしてついに実現しました。

シカゴ美術館所蔵の『出を待つ踊り子たち』



ドガは「踊り子」をたくさん描いています。

その中でも、こちらの作品はグリーンのドレスがとても印象的でした。

実はこちらの前に1つジュエリーを制作していましたが、絵画全体の雰囲気をどこまで忠実に表現できるかをこだわりたくて、途中まで作って中断していたものの方を最後まで完成させて、結局こちらの方を選びました。



やっぱり、最初に受けた印象が大事なんですね。

そのような思いはこれまでもありました。



絵画全体にちりばめられている色彩と、ジュエリーにしたときに感じる印象をどこまで忠実に合わせられるかが難しく楽しいところです。

そして、最後に選んだトップの天然石がぴたりと合った時に、言葉にできないほどの感動があります。



ビセルの絵画ジュエリーは色へのこだわりでできている。

これからも色が見えなくなるまで、追求していきたいと思っています。

 

シャルムシュールで「ハマジェンヌアパートメント」開催中!

いつも横浜クラスの会場としてお世話になっているシャルムシュールで、「ハマジェンヌアパートメント」を開催中です!

********************************

10名の女性作家が入居するアパートの一室に見立てたBOXの中に広がるこだわりのあるハンドメイドの世界。

9月10日~30日まで展示販売をいたします。

イベント期間中は魅力あるワークショップも開催。

9月25日には「お茶会パーティー」も開催いたします。


https://www.facebook.com/events/327250627609384/

********************************






素敵な作品がアパートメントに可愛らしくディスプレイされていました。

横浜東口から徒歩7分ほどの隠れやみたいな素敵なショップです。

ぜひ訪ねてみてください~♪

「シャルムシュール」の場所はこちらからご覧ください。
http://www.charmesur.com/


 

<<前のページへ4567891011121314

« 嫁ぐ日のジェリー(R)ビセルアンフラ | メインページ | アーカイブ | ニュース »

PAGE TOP