HOME > ブログ > アーカイブ > ブログ > 3ページ目

ブログ ブログ 3ページ目

Annasui風?デコレーションポケットティッシュケース

久しぶりにポケットティッシュケースをデコレーションしました。

ボディがブラックだったので、アナスイ(Annasui)風的な感じ?に♪

素材がリボンですので控えめで上品なカラーになりましたね。




デコレーションポケットティッシュケースは講習もいたしますので、ご希望がございましたらお知らせください。♪


 

ミラーでプチ模様替え

地元のOPAで閉店セールをしている雑貨ショップがあって、掘り出し物がないかと覗いていたら、いろいろありました♪

什器も応相談に。

そこで、ミラーを500円でいただいてきました。

アイアンのトルソーは100円でした♪

IKEAで買ってきたバケツのような鉢カバーはここに。

プチ模様替えしました。



私はミラーが大好きで、家じゅうミラーだらけです。

映りこむものも面白くて、部屋に奥行きも感じられたり、ミラーは最高のインテリアだと思います。

断捨離モードで雑貨ハンティングを控えていましたけど、好きなものに囲まれて過ごすのも大事なことだなぁと思いました。

しばらくはここのコーナーを見て幸せな気分に浸りたいと思います。

 

かぎ針編みモチーフ楽しく作業中♪

フェリシモでかぎ針編みのモチーフ作りを楽しんでいます。

私はお花のモチーフが大好きで、ビセルビーズのお花のモチーフはそんな大好きから生まれました。

くさり編みからきちんとレッスン♪

全9回コースに挑戦中です。

レシピを広げて始めると、いつもゴンが乱入してくるんですよ~!

出来上がったモチーフを頭に乗せてみたら、帽子みたいでなんてきゃわいい♥

今4回目が終わったところです。

いろんな編み方があるんですね~。

いろんなモチーフが出来上がっていくのはとっても楽しいです。





がんばってにゃ。ω(=^ω^=)ω

 

《忘れえぬ女》に会いにいってきました。

渋谷のBunkamuraザ・ミュージアムで「ロマンティックロシア」が1/27まで開催中です。

今月で終わってしまうので、ぜひ会っておかなければと《忘れえぬ女》に会いに行ってきました。

ロシアの絵画は息をのむほどうまいです。

ほんと素晴らしい!見とれてしまいます。

うまいなぁー。

風景画が多いのですが、寒いのが伝わってきて、寒いんですよね。

会場は温かいのですが、観てると寒いんですよ。

スゴイですよね。

絵筆のタッチもですね、印象派でないことがよくわかります。

写真よりも写実的です。

「描かれた美しいロシアに魅了される」とありましたけど、その通りです。

ロシアの絵画は以前富士美術館でも鑑賞しましたけど、魂抜かれるくらい感動しました。



イワン・シーシキンという画家の作品は富士美術館でも何点かありまして、すっかりファンになりました。

イワン・クラムスコイは《忘れえぬ女》の作者で、女性をとても美しく描きますね。

他にも1点《月明りの夜》という作品もありました。

この2点を観れただけでも価値があったと思います。

ぶらぶら美術館で紹介されていたのを見て予習できてからの鑑賞でしたので、また格別でした。(笑)

 

キユーピーのマヨテラスに行ってきました。

先日、キユーピーマヨネーズの工場跡地にできた「マヨテラス」に行ってきました。

場所が仙川なので、京王線沿線にはまだまだ楽しめる場所があるって嬉しいです。

どんな施設なのかというと、キユーピーマヨネーズの歴史とか、作り方とか、味わい方とかを、スタッフの方がキユーピー愛をたっぷり込めて説明してくれて、そのあとでマヨネーズを使って自分で作ったオリジナルのレシピでサラダをいただいて、帰りにお土産をいただけます。♪

施設の隅々までキユーピー愛が溢れて、キュンキュンしてしまいます。

キユーピーちゃんが愛おしくなりましたよ。



ちなみに、キューピーではなく「キユーピー」ですね。

こだわり具合が半端ないって!

細やかさに日本人てすごいなぁ、としみじみ思います。

無料で楽しめてお土産もいただけるので、お友達同士でも家族で出かけてもいいかもしれませんね。♪

 

ミュシャ展すごかったですよ!

昨年の12/26(水)から1/7(月)まで、新宿の小田急百貨店で「ミュシャ展」が開催されています。

昨日、立ち寄る時間があったので行ってきました。

百貨店の催事場で?、どんな感じなのなぁーとあまり期待していなかったのですが(スミマセン)、あまりのすごさにびっくりでした!!

これまで見たことのなかったミュシャがすごいすごいいっぱいでした。

写真OKでしたので、趣くままに数点撮りましたが、私の興味の先はこれまで見たことのなかったミュシャだったようですね。

図録を買って帰ったので、眺めてうっとりしています。











 

2018年の締めはムンクで。

2018年は個展で絵画ジュエリー©をご披露することができ、好きでやっていたことが皆様に喜んでいただけることにつながり、とても嬉しい1年となりました。

夏前から右肘を痛めてしまい作品作りも控えておりましたが、ようやく回復の兆しということで、しばらくぶりに絵画ジュエリー©に取り組んでいます。

2018年の最後は、ムンクの「叫び」です。



空の原色が特徴的ですので、奇抜なジュエリーになりそうです。

 

巨匠はスゴイよ!フィリップス・コレクション展

アートの秋ですね!

三菱一号館美術館で開催中のフィリップス・コレクション展に行ってきました

全員巨匠!

ダンカン・フィリップ氏が集めた至極のコレクションが75点も鑑賞できます。

金曜日の夜間はゆっくりと堪能できました。



やっぱりボナールはいいです。♥

ここは写真を撮ってもよいエリアで、レプリカです。





 

予想外に面白かった「バッドアート美術館展」

すっかりブログがほぼほぼアート鑑賞ネタになってしまいました。(笑)

先日の月曜日、午前中の打合せの後でムンクのプレミアムナイトまで時間があったので、どこか月曜日開館の美術館がないかなと探して見つけたのが、東京ドームシティのギャラリーアーモで開催中の「バッドアート美術館展」でした。

正直、あまり期待していなくて、時間つぶしが目的ではあったのですが、ツボにはまるというか、面白さがじわじわ湧いてきました。

バッドアート美術館はアメリカのボストンにある美術館で、リサイクルショップやごみ箱から拾われた作品たちをたくさん集めて展示しているとのこと。





会場はこんな感じです。

作品に添えらている解説やコメントが秀逸で、というより、「笑逸」って感じで、はまっていきました。(笑)




私はこちらの作品で声を上げて笑ってしまったのですが、描いている人は多分真剣に描いているんですよね。

でも、何かがおかしい・・・

下手なのはもちろんなんですけど、なぜファーストからバックホームなのか?とかね。

これがゴミ箱に捨ててあったら拾いますか?




他にも、これはかなりシュールです。

最先端のエコファッションに身を包んだ男女が沼でピクニックデートをしているところらしいです。

上手いのか下手なのかもわかりません。

でもこれだったら拾うかな?(笑)




何を描いているのかわからないけど、色がきれいな作品とかもありました。



このあと「ムンク展」に行ったのですが、心地よい「混乱」を経験しました。

ムンクの中にも、ここに展示されていたらわからないかも。。。。

てな犬の絵がありましたし。

振れ幅の大きな一日だったとおもいます。(笑)


 

ムンク展ー共鳴する魂の叫び プレミアムナイト鑑賞

東京都美術館で開催中の「ムンク展」を鑑賞してきました。

楽しみに楽しみに待っていた、11/26(月)のプレミアムナイト鑑賞!

ミニレクチャーと、お土産に図録もいただきました。

全部ムンクっ!!

プレミアムナイトの特別鑑賞なので、人数も限られていてムンクの世界を堪能できました。



しばらくの間肘の炎症で作品作りを控えていましたが、ようやく快方に向かってまいりましたので、絵画ジュエリー©の21作目はムンクの「叫び」に挑戦したいと思います。

 

<<前のページへ1234567891011

« 嫁ぐ日のジェリー(R)ビセルアンフラ | メインページ | アーカイブ | ニュース »

PAGE TOP