HOME > ブログ > アーカイブ > ディスプレイのひみつ

ブログ ディスプレイのひみつ

ビセルビーズお花のリングの三美神ディスプレイ

先日、ビセル基地のレッスン場の投稿で、ビセルビーズお花のリングの三美神ディスプレイをご紹介しましたが、お人形の形状の都合でリングが安定しないという悩ましい状態でした。

何とか安定できないかと考えて・・・

少し斜めにいい感じに設置できるようになりました♪




お帽子をかぶっているみたいですね♥




どうしたかというと、後ろから見ると~♪

ん?

ちょっとした工夫です。




それがないと、こんな風に垂れてしまいます。。。




なので、引っ掛けるようなものをつけました。




あら~かわいい♥



リングのディスプレイは夢があって楽しいです。

 

ビセル流ディスプレイ<トレイ編2>

前回もトレイの活用をご紹介しましたが、ビセルビーズのディスプレイにはトレイがいい感じに活用できたりしちゃいます。

第2弾は、プラスチックのシンプルな形のトレイを、デコラティブでシャビーなトレイに変身させたいと思います。

出来上がったトレイにディスプレイするとこんな感じになりました。

これならビセルビーズ作家の皆さんにもおすすめできると思います。(^^)




もとはこちらが材料となっております。

ベースの色が白いものを選んでみました。

金属のパーツはいろいろ探したのですが、100均で見つけたこちらでやってみます。




ボンドでこのように貼ります。

ボンドがはみ出た貼り後はきれいに取っておいた方がいいようです。

私は後で気づきました。。。




白いペンキで塗っていきます。




1度塗りしたところです。

下地が見えてますね。




下地が見えてしまうので、4度塗りしました。

キレイに白くなりました♪



この後で、いつものようにシャビーに仕上げました。

金属のパーツが浮き上がっていい雰囲気のトレイになりました♪

シャビーな小物たちとの相性もバッチリです。



bisseruのブランドショップではステンレスのレトロなトレイを活用していますが、トレイそのものを見つけるのもご縁ものですし、持ち運びには少し重いのでプラスチックの方が扱いも楽です。

塗るときのコツは、とにかくきれいに塗ることです。

後で汚し加工するとしても、きれいに塗るのです。

丁寧なおしごとが大事です!

ぜひやってみてくださいね~♪


 

ビセル流ディスプレイ<お皿編>

ビセルビーズアカデミーの作家コースでは、様々なツールを使って自らビセルビーズ作品のディスプレイをマスターすることも目指しています。

今回ご紹介するのは、100均で手に入るお皿を使ったツールを作ります。

これまでもいろいろなお皿をディスプレイツールとして活用してきましたが、いつも同じ材料が手に入るとは限らないんですよね。

でもその方が、今見つけたツールがとても貴重なものに感じられるので、むしろいいことかもです。(笑)

こちらはセリアで見つけたミルクガラス風のプラスチックのお皿です。

このままでも可愛くて、これでフルーツとか食べたらおいしそうです♪



ビセルでは裏返します。

「裏」が肝です。

大きさ、形もよさそうです。



で、白く塗ってちょっとシャビーに♪

ひらひらが可愛いです♥



ベリーチョーカーとイヤリングをディスプレイしました。

一気に華やかになりますね♪



いいですね!

ビセルビーズのカラフルな作品を引き立てるぴったりのツールになりました。


ディスプレイテクニックはこちらでもご紹介していましたので、どうぞご覧ください♪

http://ameblo.jp/bisseru/theme1-10058587002.html



 

ビセル流ディスプレイ<トレイ編>

白いアイテムはビセルビーズを素敵に引き立ててくれる強力な相棒です。

ビセルビーズアカデミーの作家コースでは、様々なツールを使って自らビセルビーズ作品のディスプレイをマスターすることも目指しています。

そしてビーズアートショーでは、ビセルビーズアカデミー認定作家のみなさんが、アイディア溢れる様々な奇想天外の白いツールを使ってディスプレイを楽しんでいます。

いろいろなツールが意外な活躍をみせるんですよ!

そして何でも大胆に白く塗ってしまいます。

今回ご紹介するのはトレイを使った、割とベーシックなディスプレイでしょうか。




もともとアイボリー系のトレイですが、ペンキで塗装してからある加工をするとシャビーな感じに仕上がり、ビセルビーズのカラフルな作品を引き立てるにはぴったりのツールになります。

加工作業中の様子です。




仕上がりはこんな感じです




ここにアンティークのカードとヴィクトリアンなフレームを合わせます。




作品をディスプレイしました。

ビセルビーズはシャビーなツールと相性ばっちりです!




別のカラーの作品と入れ替えてみました。

より一層華やかになりますね。






ディスプレイテクニックはこちらでもご紹介していましたので、どうぞご覧ください♪

http://ameblo.jp/bisseru/theme1-10058587002.html


 

1

« カテ絵画シリーズ(ピカソ・マティス・ルオー) | メインページ | アーカイブ

PAGE TOP