HOME > ブログ > ブログ > ブーケワークショップの作品

ブログ

< ビセルビーズアカデミー2017年5月スケジュール  |  一覧へ戻る  |  春のお花畑のようなコームができました。 >

ブーケワークショップの作品

ブーケのワークショップで制作した作品をご紹介します。

ビセルビーズと並んで好評をいただいておりますブーケのワークショップは、ご希望に応じて不定期に開催しております。

今日は2つの作品が完成しました。

これまでのブーケとは違って、とても落ち着いたカラーとなりました。



実はお持ちいただいたお花を活かしてブーケを作りたいというご希望でしたので、そのお花たちに合わせて他のお花を足していきました。



なので、これまでと違ったカラーの作品ができたのですね。

寝室に飾られるとのことでした。

きっと素敵な夢が見られますね♪




 

カテゴリ:

同じカテゴリの記事

ブーケに癒されます。

いいですね~♪

たくさんのブーケができました。

癒されます。











インテリアブーケとしてお部屋に飾って眺めていると、自然と笑顔もこぼれますね。

ブーケは最強の癒しの造形物かも。

 

マティスの作品をジュエリーにしました。

マティスのジュエリーが完成しました。

マティスは色彩の画家といわれるほど、色鮮やかな色彩の作品が数多くあります。

室内画の傑作も多く描いており、最晩年の作品はマティスがもっとも愛した赤で染め上げられているものも多くあります。

こちらの「リュート」の作品も、室内が赤く彩られて、きっと実物の色は鮮やかな赤であったと想像します。

マティスの作品は実物を観るとあまりの色の複雑な美しさに感動します。

そして、その感動が大きいほど図録との差も大変大きいのです。

なので、なかなか作品を選べませんでした。

そこで、観ていない作品で制作することにしました。

赤も多くの種類があり迷いましたが、きれいな赤を表現できたと思います。

他にも繊細な色が絶妙に調和をみせていて、マティス独特の表現が「色」の魅力を伝えてくれているようです。




光の加減によっても色が違って見えますので、制作する時間帯や光源も大事な要素です。

特徴である赤を活かしたく、天然石のトップを赤のチェリークォーツに決めました。




出来上がったジュエリーは、想像では組み合わせることのない配色となりました。

絵画でジュエリーを作ることの最大の面白さをマティスでも味わいました。







マティスの情熱には及びませんが、私も生涯情熱を傾けることができる世界を持てていると思います。

 

『草間彌生展』も行きましたー!

『ミュシャ展』を先に鑑賞し、金曜日は夜8時まで開館しているので、『草間彌生展』をゆっくり鑑賞しました。

混雑はありましたが堪能できました。

何年前だったか、青森の十和田美術館で初めて草間彌生の作品を観たなぁと、あの時もたいそうなインパクトでしたが、色鮮やかな「命」の作品たちに再び会うことができて感激でした。

ポップな色の作品を見ていると元気が出ますね。









どの作品でジェリーを制作しようかな。

楽しみ♪

 

『ミュシャ展』世界初公開《スラブ叙事詩》

国立新美術館で開催されている『ミュシャ展』に行ってきました。

ミュシャといえば、アール・ヌーヴォーを代表する芸術家で、美しい女性のポスターが有名ですが、今回は《スラブ叙事詩》の全20作がすべて公開となったことが見どころではないかと思います。

しかも日本で、世界初公開というのがすごいです。

ミュシャはフランスで名声を手にしてから、50歳で故郷のチェコに戻り、晩年のすべてを捧げてこの「スラブ叙事詩」を描いたそうです。

フランス時代に描いたアール・ヌーヴォーの女性画とはまったく違う、油彩画(一部テンペラ)の超大作を20点も描くそのエネルギーにすごいものを感じます。

一番奥の展示室は写真撮影がOKとなっていました。

ここの5点だけ、プラハ美術館から許可をいただいたのだそうです。

とにかく大混雑状態ですから、人、人、人の熱気がすごかったです。

見上げるほど大きいので首が痛くなるほどです。

双眼鏡をお持ちの方もいらっしゃいました。

私も写真を撮りましたが、これは実物を観るしかないものだと思います。

観て、感じて、震える

それができる貴重な機会を逃さなくてよかったと思いました。







ミュシャが《スラブ叙事詩》を完成させたころ、チェコの社会情勢がすっかり変わってしまい、チェコの市民に受け入れられなかったそうです。

しばらくひっそりと公開されていたとか。

それが日本という異国の地ですが、これほどまでに多くの人が《スラブ叙事詩》を鑑賞することとなり、ミュシャの偉業から多く人が感動を受けています。

日本の平和がもたらすものもスゴイと思います。

 

歌川国芳展に行ってきました。

府中市美術館で開催中の『歌川国芳展』に行ってきました。

隣町の府中でこんなにすごい企画展をやっているなんて、行くしかないわ!と思っていましたが、日々レポートのことで頭がいっぱいでなかなか行けずにいました。

でも、順調に4月分が終わり、5月分も前倒しの提出ができて気持ちの余裕ができたところで、ここで行くしかないわ!と実行しました。

西洋画の方がどちらかというと好きなのですっかり詳しくなりましたが、日本画はあまり親しんでこなかったので積極的に鑑賞しようと思っていませんでしたし、うんちくを語れるレベルではありません。

でも、歌川国芳は観たかったんですよねー。

今日は日曜日だったのでちょっと混んでましたが、それでも1点1点じっくり鑑賞できました。

スライド講座も受講できましたし、堪能しました。

今、国芳ブームが起きてるそうですね。

私もすっかりはまってしまい、図録も買ってきてしまいました。



図録はけっこう立派で、お値段もなかなかでしたが、これから老後も楽しめそうだと思いました。

中はというと、こんな感じ♪

歌舞伎役者の似顔絵なのですが、なぜか猫になっちゃってるんですよね。




本当に色がきれいで、びっしりと絵が描かれていて余白がないんです。

まーとにかくすごい!

仕事速かったんだろうな。




国芳は猫を飼っていたそうで、猫が人間になっている作品もとても多いです。

最近のネコブームもあるんでしょうかね、国芳の人気は。

とにかくお茶目なのよね。

ほーんと、かわいくてすごい!




妖怪もめっちゃキュートなの♥

で、ワタシのイチオシのねーさんはこちら♪

展示会場で声を出して笑いそうになったわ。(笑)




他にも、金魚ちゃんたちもいるの。

ひとり(?)だけ違う生き物がいるんだけど、ちゃんと手をつないでもらっているのよ。

楽しい♪




ほんで、こちらはワタシのイチオシのにーさん。

めくれて見えてるお尻がチャーミング♪




うちの子も国芳に描いてもらいたいにゃー。ω(=^ω^=)ω



ヨロシクオネガイシマス。



オシマイ

 

< ビセルビーズアカデミー2017年5月スケジュール  |  一覧へ戻る  |  春のお花畑のようなコームができました。 >

PAGE TOP