HOME > ブログ > ブログ > ボストン美術館 パリジェンヌ展に行ってきました。

ブログ

< マネの絵画をジュエリーに制作中  |  一覧へ戻る  |  「フローラ」が帰ってきました♥ >

ボストン美術館 パリジェンヌ展に行ってきました。

1/13(土)から世田谷美術館でボストン美術館 パリジェンヌ展 時代を映す女性たち』が開催中です。

展示のタイトルに惹かれてぜひ観に行きたいと思っていました。



世田谷美術館は砧公園の中にあって、公園の木々の中に溶け込むようなとても雰囲気のいい美術館です。

パリジェンヌ展は絵画だけでなく、1770年頃に当時の女性が着用していたドレスや食器なども見ごたえがありました。

でもやっぱり選ばれて招かれてきた絵画も素晴らしいものがたくさんありました。

特にマネの<街の歌い手>(チラシの左側の女性です。)とサージェントの女性の肖像画(右側)が会いたかったんですよね。

二人とも息を飲むほど美しかったです。

本物は素晴らしい。



今ちょうど絵画ジュエリーをマネで制作しているところということで、マネに呼ばれたのかな~?

なんてことを勝手に思いながら、雪の残る道は不思議と温かかったです。

 

カテゴリ:

同じカテゴリの記事

「フローラ」が帰ってきました♥

サロン・ブラン協会開催の『日仏現代国際美術展』が無事に終了しました。

搬入から含めて約1か月間国立新美術館にお世話になった「フローラ」が今日帰ってきました。

お帰り~♥

ビセル基地のレッスン場の「Mariko」と交代しました♪



会場に足を運んでくださった皆様ありがとうございました。

今度はフローラに会いに基地に来てください~。


 

マネの絵画をジュエリーに制作中

ビセルビーズの絵画ジュエリーシリーズ(Pictorial Art Jewelry)

今度はマネの作品で制作中です。

作品名は、「フォリー=ベルジュール劇場のバー」



メンバーチェンジを繰り返して選抜されたメンバーですが、まだここからの微調整が制作過程で一番楽しい時間です。

マネを想いながら・・・

向き合う時間が本当に楽しいのです。



どんなジュエリーになるでしょうか。

楽しみです。

 

サロン・ブラン主催『日仏現代国際美術展』開催中

現在国立新美術館で開催中の『日仏現代国際美術展』は好評をいただいているようです。

第22回ということですので作品数も圧巻です。



今回ご一緒に初出展させていただいているのが、

球体関節人形作家の八裕先生



クレエジュエリーの瀧澤紫先生








画家の鳥飼規世先生



そしてビセルビーズ作家の北村です。



サロン・ブラン主催『日仏現代国際美術展』は2/5(月)まで開催中です。

最終日は14:00閉場となります。


 

日仏現代国際美術展 in 国立新美術館スタートしました。

本日より2/5(月)まで、国立新美術館で『日仏現代国際美術展』が開催されます。

初めての公募展に出展しました。

憧れの美術館に作品が展示されているということは本当に嬉しいことです。

作品もビセルジュエリーの魅力をお伝えできるように表現しました。

フローラ~花の女神~

ぜひ会場でご覧いただきたいです。






紫さん、鳥飼さんと♪




 

日仏現代国際美術展に出展します。

新国立美術館(東京・六本木)で開催される、サロン・ブラン美術協会開催の『日仏現代国際美術展』に出展することになりました。

国際公募展は初めての出展です。

久しぶりにビセルアートをご披露する機会をいただきましたので、楽しみながら創作しました。

作品タイトルは、「フローラ~花の女神~」

花束を携えて微笑む女神をイメージしました。



いつまでも眺めていたい柔らかい癒しの作品となりました♪

花の女神からのメッセージが皆様の心に届きますよう、清らかな乙女の気持ちでご鑑賞ください。



日仏現代国際美術展は、1/24(水)~2/5(月)新国立美術館で開催されます。



昨日作品を搬入してきました。

いつも絵画を鑑賞するために訪れていた大好きな美術館にビセルアートが展示されるなんて、とても嬉しいです。

裏側の出入口すら興奮でした。(笑)

入場は無料ですので、ぜひお立ち寄りください。




 

< マネの絵画をジュエリーに制作中  |  一覧へ戻る  |  「フローラ」が帰ってきました♥ >

PAGE TOP