HOME > ブログ > 絵画シリーズ(マネ・シャガール・・・) > ゴンちゃんとシャガール中♪

ブログ

< 春色のブローチはビタミンカラーで♥  |  一覧へ戻る  |  「色彩の詩人」の世界観が気品あるジュエリーになりました。 >

ゴンちゃんとシャガール中♪

どーです!このお行儀のよいこと~♪

でもおなかの下には制作中のパーツが・・・



 

カテゴリ:

同じカテゴリの記事

「色彩の詩人」の世界観が気品あるジュエリーになりました。

ゴンと一緒に取り組んでいましたシャガールが完成お披露目となりました。

『ミモザの中の恋人たち』

絵画の配色をジュエリーに変えて表現するということは、とても楽しい取り組みです。

色が豊富な丸小ビーズだからできることですが、ビーズという素材だから難しいというところもあります。

でも、出来上がったジュエリーをこうして写真に収める時、絵画に溶け込む感覚に感動してしまいます。






そして、ジュエリーとしての存在感を確認できたとき、さらに喜びを感じます。

さすが、シャガール。

「色彩の詩人」の世界観が気品あるジュエリーになりました。







 

「色彩の詩人」シャガールをジュエリーにしてみよう。

シャガールの描く絵は色が本当にきれいです。

そんな「色彩の詩人」が描く絵画からは美しい調べが聞こえてくるようです。



たくさんある傑作の中から選んだのは、「ミモザの中の恋人たち」。

これまで見たことのない特徴的な色づかいに魅了されました。



お花のパーツをつなげていくとだんだんと色彩のハーモニーが現れてきます。

ジュエリー制作の醍醐味はここかもしれません。

 

マネの『フォーリー=ベルジェール劇場のバー』のジュエリーが完成しました。

マネの『フォーリー=ベルジェール劇場のバー』のジュエリーが完成しました。

このマネの作品は、1881年~82年にパリで描かれた最後の傑作といわれています。

鏡を使った不思議な構図の作品ですが、配色をジュエリーにしたところ、とてもおしゃれで落ち着いた大人のジュエリーになりました。

やっぱり名画といわれるものは構図もさるものながら、色彩も絶妙です。

絵画ジュエリーの傑作のひとつになりました。









 

マネの絵画をジュエリーに制作中

ビセルビーズの絵画ジュエリーシリーズ(Pictorial Art Jewelry)

今度はマネの作品で制作中です。

作品名は、「フォリー=ベルジュール劇場のバー」



メンバーチェンジを繰り返して選抜されたメンバーですが、まだここからの微調整が制作過程で一番楽しい時間です。

マネを想いながら・・・

向き合う時間が本当に楽しいのです。



どんなジュエリーになるでしょうか。

楽しみです。

 

< 春色のブローチはビタミンカラーで♥  |  一覧へ戻る  |  「色彩の詩人」の世界観が気品あるジュエリーになりました。 >

PAGE TOP