HOME > ブログ > ブログ > ムンク展ー共鳴する魂の叫び プレミアムナイト鑑賞

ブログ

< シックで大人パープルのブローチができました。  |  一覧へ戻る  |  予想外に面白かった「バッドアート美術館展」 >

ムンク展ー共鳴する魂の叫び プレミアムナイト鑑賞

東京都美術館で開催中の「ムンク展」を鑑賞してきました。

楽しみに楽しみに待っていた、11/26(月)のプレミアムナイト鑑賞!

ミニレクチャーと、お土産に図録もいただきました。

全部ムンクっ!!

プレミアムナイトの特別鑑賞なので、人数も限られていてムンクの世界を堪能できました。



しばらくの間肘の炎症で作品作りを控えていましたが、ようやく快方に向かってまいりましたので、絵画ジュエリー©の21作目はムンクの「叫び」に挑戦したいと思います。

 

カテゴリ:

同じカテゴリの記事

予想外に面白かった「バッドアート美術館展」

すっかりブログがほぼほぼアート鑑賞ネタになってしまいました。(笑)

先日の月曜日、午前中の打合せの後でムンクのプレミアムナイトまで時間があったので、どこか月曜日開館の美術館がないかなと探して見つけたのが、東京ドームシティのギャラリーアーモで開催中の「バッドアート美術館展」でした。

正直、あまり期待していなくて、時間つぶしが目的ではあったのですが、ツボにはまるというか、面白さがじわじわ湧いてきました。

バッドアート美術館はアメリカのボストンにある美術館で、リサイクルショップやごみ箱から拾われた作品たちをたくさん集めて展示しているとのこと。





会場はこんな感じです。

作品に添えらている解説やコメントが秀逸で、というより、「笑逸」って感じで、はまっていきました。(笑)




私はこちらの作品で声を上げて笑ってしまったのですが、描いている人は多分真剣に描いているんですよね。

でも、何かがおかしい・・・

下手なのはもちろんなんですけど、なぜファーストからバックホームなのか?とかね。

これがゴミ箱に捨ててあったら拾いますか?




他にも、これはかなりシュールです。

最先端のエコファッションに身を包んだ男女が沼でピクニックデートをしているところらしいです。

上手いのか下手なのかもわかりません。

でもこれだったら拾うかな?(笑)




何を描いているのかわからないけど、色がきれいな作品とかもありました。



このあと「ムンク展」に行ったのですが、心地よい「混乱」を経験しました。

ムンクの中にも、ここに展示されていたらわからないかも。。。。

てな犬の絵がありましたし。

振れ幅の大きな一日だったとおもいます。(笑)


 

「ロシア絵画の至宝展」鑑賞してきました。

先日、八王子の富士美術館で開催されている「ロシア絵画の至宝展」を鑑賞してきました。

ロシア絵画は、すげーです。

どうすげーかというと、写実すぎて重い、その重さと絵のうまさからくる怖さ、でしょうか。

写実というと事実も含んでいるので、重いです。

色彩というテーマとはまた違った絵画ですが、観る価値のある至宝がたくさんありました。



 

『ピエール・ボナール展』行ってきました!

開催前から楽しみにしていた『ピエール・ボナール展』に行ってきました。

これまでたくさん絵画を鑑賞してきましたが、いつしかボナールがいいなぁとなりました。

好きな画家は?

ピエール・ボナール

です。

色が素敵。

そそられます。

部屋に飾るなら、ボナールがいいなぁ。




いつか、ボナールシリーズで絵画ジュエリー©に挑みたいと思います。

 

ちょー可愛い♥にゃんこのマグたち ω(=^^=)ω

ダイソーで見つけてあまりの可愛さに全員連れて帰ってきてしまいました。



カップの裏側にはこんなにきゃわいい~仕掛けが!



あまり猫グッズは買わないんだけど、これにはノックアウトされました!

 

『フェルメール展』観てまいりました。

昨日、楽しみにしていた『フェルメール展』を観てきました。

10/5から上野の森美術館で開催中です。

日時指定の前売り券は2,500円でした。

日時指定なんて、さすがフェルメール。

私は19:00からの入場券でしたが、20分前に到着したときにはもうすでに長蛇の列!

入場する前に30分はかかったかな?

鑑賞時間は20分?

20分で出てきてしまいました・・・。



フェルメールの本物はなかなかお目にかかれる機会はないので、貴重な経験でした。

是達成感也。
 

< シックで大人パープルのブローチができました。  |  一覧へ戻る  |  予想外に面白かった「バッドアート美術館展」 >

PAGE TOP