HOME > ブログ > ブログ > モチーフ完成!

ブログ

< 目もくらむ「トルコ至宝展」を堪能  |  一覧へ戻る  |  待望のクリムト展行ってきました。 >

モチーフ完成!

平成のうちに、モチーフがすべて完成しました。

フェリシモのかぎ針編み「きほんのき」コースは8種類目で最後です。

毛糸の色の選択が絶妙なんですね。

技術の習得が目的ですけど、やはり作りたいとそそられるのは「色」「配色」やデザインも大事ですね。

次はいよいよこれまで編んだモチーフを編みつなげて、ひざ掛けを完成させます。

楽しみです♪



ビセルビーズもセルフワークコースをスタートしましたが、フェリシモのコースをやってみて参考になることがたくさんありました。

レシピなどの資料がとても細かく丁寧に作られているのに感動しましたし、モチーフの一つ一つがセンスのよいものだったこと。

途中で挫折せずにやれたのもクオリティが高かったからだと思います。

かぎ針編みのモチーフにすっかりはまってしまい、追加で誕生月のお花のモチーフを注文してしまいました。

とっても可愛らしいお花ばかり。

ビセルビーズとのコラボレーションをイメージしてウキウキしてしまいました。

ご期待です!


 

カテゴリ:

同じカテゴリの記事

待望のクリムト展行ってきました。

東京都美術館で開催中の「クリムト展」に行ってきました。

クリムトの作品は実物を観れるチャンスがなかなかなくて、図録を探し回っても見つからず・・・
なのでとても楽しみにしていました。

GW中ということもあって会場はかなり混雑していて、クリムトの人気の高さにびっくり。

没後100年を記念する展覧会なので、展示の作品も素晴らしいものばかりでした。




私は絵画ジュエリー©の次回作との出会いを期待してワクワクしながら鑑賞していました。

釘付けになったのがこちらの作品。

《オイゲニア・プリマフェージの肖像》

色の美しさに圧倒されてしまいました。

きっと華やかなジュエリーになるでしょう。




ショップで見つけたのがこちらの書籍。

クリムトの代表作を原寸で!




いつも図録を見ながら制作をするのですが、色の抽出に迷ってしまうことが多いのです。

これはおそらく実物に近い色彩でしょうし、実物を観ながら取り組めるようでうれしいです。                                                                                   





色の情報が多いのでかなりのチャレンジ作となるかもしれません。

楽しみです。

 

目もくらむ「トルコ至宝展」を堪能

西洋のお城が大大大好きですが、トルコのトプカプ宮殿も大好きです。

目もくらむ財宝の数々・・・

それも素敵なんですが、チューリップのモチーフとかで描かれている壁紙とかタイルなどにくらくらきちゃいます。

展示が終わったらパネルとか譲っていただけないかな、とか思ってしまうほど。

もう白にも満足してるから、部屋をモスクみたいにしちゃおうかな。




せっかくなので食欲を満たしてからお宝を拝みました。

色も味も美しい♥

リッツカールトンのアフタヌーンティー



欲が浄化されてアートな1日でした、ってか。


 

せっかくなので新潟の地酒を♪

新潟クラスの帰りに、せっかくなので地酒を買って帰ります。

五泉市の地酒です。

五泉というだけあってお水がおいしいのかな。

いつも皆さんとのレッスンの時間が楽しくて、もう列車のじかんが・・・!

とバタバタになってしまいます。

「最高金賞」が目に入って急ぎ購入しましたが、おいしかったです!

リピ買いです。




 

東京ジャーミーでなんちゃってトリップ

代々木上原駅から数分のところにモスクがあります。

以前行った時は特別礼拝と重なってしまい、中を覗き見るだけだったので残念に思ってました。

今日はチャンスがあったので行ってみたら、礼拝堂の中に入れました。

日本にこんなところがあるなんて!
スゴイ~!!

見学には私たちも女性はスカーフで髪を隠さなくてはいけません。

私は偶然スカーフをしていたのでそれを被りましたが、貸し出し用のスカーフもあったみたいです。

以前クアラルンプールで大きなモスクに行った時のことを思い出しながら、しばし異国へのなんちゃってトリップを楽しみました。















 

ちゅ~るは別腹♥

見よ!この真剣な眼差しを。

私はこれまでこんなに真剣な表情と目力を見たことがない。



イカ耳&舌もべろーん♪



今日は2本ペロリでした。

ちゅ~るは別腹のようです。


 

< 目もくらむ「トルコ至宝展」を堪能  |  一覧へ戻る  |  待望のクリムト展行ってきました。 >

PAGE TOP