HOME > ブログ > ブログ > 素敵なシンクロにはまり中♪

ブログ

< ビセルビーズアカデミー2019年7月スケジュール  |  一覧へ戻る  |  オレンジの温もりが嬉しい天然石アレンジネックレス >

素敵なシンクロにはまり中♪

シンクロ大好き♪

いろいろなものをシンクロしてきましたが、
今度は、ブーケとリボンフラワーモチーフとのシンクロです。




色がぴったり合うと嬉しくて、達成感も!



バラの作り方もバリエーションを変えて、でもまだまだ物足りず。。。

研究中です。
 

カテゴリ:

同じカテゴリの記事

ゴンさまとの日常-4コマの幸せ-

せっかくアトリエがあるのにもかかわらず、結局南極いつも縫物はダイニングでとなってしまうのはなぜ?

それはね、ゴンさまの乱入が結局南極嬉しいからなんですよ♪

初めは気持ち遠慮がちに入り込んで体制をとり、



リラックスして寝る。



さらにリラックスして手も伸びて、



飼い主にいたずらされる。



(笑)

 

レッツゴー!ボウリング教室だよ。

先週からボウリング教室に通っています。

私は若い頃、ボウリングがちょー下手で大嫌いでした。

でもこれではいけないと、大学4年生の時にちょうど近所のボウリング場で教室があったので通って、みごとに苦手を克服したのでした。

スバラシイでしょ。

でもそれからン十年の間にボウリングをする機会もほどんどなく、習ったテクニックも忘れてしまいました。

今年に入って仕事先で新年会&ボウリングをすることになり、密かに一人で練習しにいって、アベレージが130くらいでたんですよ。

これはいける!とイケイケでのぞんだボウリングでしたが、結果は散々・・・

すべてガターだった過去の記憶がよみがえりマインドは最悪。。。

レーンが合わなかったと悪態つきつつも、そうじゃないんだよね。それはわかってる。

そんな傷も癒えてきた頃でしたはありましたが、家に近くのボウリング場の教室のチラシが入ってて、これは行くしかない!と参加することにしたのでした。

全6回で5,000円、なんと今回もシューズがいだけました!




こちらは以前いただいたシューズです。

すっかりレトロだね。(笑)



ボウリング3ゲームで80分ウォーキングしたのと同じ運動量だそうです。

趣味はボウリング、です。(笑)

老後の楽しみ先取りです。


 

「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」展

国立新美術館で開催中の「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」展へ行ってきました。

パンフレットにもありますように、クリムト、シーレだけじゃない、ウィーンの至宝が多数展示されています。

クリムト展が東京都美術館で開催中ですし、クリムトの作品は本物をなかなか鑑賞できずにいた私は大興奮です。

シーレの作品も書籍でしかみたことがなかったので、独特な画風に感動しました。



こちらのクリムト作品は撮影可能!



6/9(日)の日曜美術館、6/11(火)のぶらぶら美術館で特集がありますので、復習して理解を深めたいと思います。

 

「印象派への旅ーバレル・コレクションー」

温かくなり、花粉も終焉を迎えつつあって外出が楽しくなりました。

それで、昨日夜の美術館鑑賞はBunkamuraザ・ミュージアムで開催中の「バレル・コレクション」に行ってきました。

英国の美術館「バレル・コレクション」が改装中のため、門外不出の名画が日本にやってきたということですね。

小さいサイズの作品が多かったように思いますが、センスのよいコレクションだと思いました。



会場内、ここだけ撮影OK

静かに鑑賞できる雰囲気は最高です。




クールベの《マドモアゼル・オーブ・ドゥ・ラ・オルド》女性の肖像画

クールベはイケメンだったんですよね~。




そして、ブーダンの《トゥルーヴィルの海岸の皇后ウジェニー》

これ観たかったんですよ!

ここで会えたのは感激でした。



絵画鑑賞はやっぱりいいですね。

その日の夜はぐっすり眠れるのは嬉しい効果です。

 

「へそまがり日本美術展」 in 府中市美術館

会期も終わり間際(5/12)という事に気づき、ほぼ滑り込みで鑑賞してきました。

ぶらぶら美術館で紹介されて気になっていたんですよね。

私は西洋絵画派なのですが、令和では日本美術も面白いものはどんどん鑑賞したいと思っています。

私もたいがい「へそまがり」なんですけどね。

府中市美術館は家から近いですし、公園に隣接した美術館は程よい規模で大好きな美術館の一つです。

徳川家光と家綱親子の作品が観たかったんですよ。

こちらは家光の作品ですが、可愛らしいというかなんというか・・・

じわじわ来ますよね~。♪

家綱のは目が特徴ですかね。(笑)

ああいう絵を描く人、クラスに1人はいたなと思ったりして。

徳川将軍というと狩野派とかトップクラスの絵師から手ほどきを受けていたということですが、
それでこれ?
なのか、あえてこれ?
なのかは不明ですが、親近感を持ってしまうのは確かでしょう。(笑)



府中市美術館では常設展示のコレクションも充実していて、昨日は高橋由一の桜を描いた作品に釘付けになってしまいました。

だんだんと近現代に興味が広がってきました。

ビセルビーズのレッスンでは西洋東洋問わず美術鑑賞が大好きな人も多く、いつもお話しに花が咲き盛り上がっています。

美術鑑賞は感性を豊かにするのにはとっても効果的と思います。

作品作りにも生かせるかもしれませんね。

 

< ビセルビーズアカデミー2019年7月スケジュール  |  一覧へ戻る  |  オレンジの温もりが嬉しい天然石アレンジネックレス >

PAGE TOP