HOME > ブログ > ブログ > はじめてのインド旅行ー好き篇

ブログ

< はじめてのインド旅行ーホテル篇  |  一覧へ戻る  |  はじめてのインド旅行ー動物篇 >

はじめてのインド旅行ー好き篇

インド観光中自由に写真を撮らせてもらえるので、たくさん写真を撮りましたが、私はお城の内装の写真を多く撮ってました。

好きなんですね。

久しぶりにデジカメで、モニターが反射してよく見えずほとんどめくら打ち状態でしたが、成功しているショットも多かったみたいです。(笑)

クトゥブミナールの出口に向かう道すがら、あら~素敵♪と見とれた門ですね。

よくヤフオクでも見るやつです。




アンベール城の内装はめっちゃタイプです。




可愛いね♪




可愛いね。(笑)



私はインドではなかなか人気でしたよ。

一緒に写真撮って、と何度言われたことか。

インド人は日本人が好きらしく、本当に好意的なんです。

へらへら笑って楽しそうだからかな。(笑)

用心に越したことはないので一応鞄を確認しますけど、疑って悪かったわ、と思います。



イスラム様式の装飾って素敵だな、と思います。



大好き!

こんな壁紙があったらぜひ欲しいです。




こちらは「風の宮殿」の中です。

ステンドグラスがなんともキッチュです。




どこだったら忘れちゃった。(笑)シティ・パレスかな?違うな。




タージマハルの脇の建物です。



植物の文様が多いですね。




そんで、これがアグラ城。




シティ・パレスの銀の壺が置いてあったところです。



いいな~。

ずっと眺めていたいです。

ナマステ~♪

 

カテゴリ:

同じカテゴリの記事

はじめてのインド旅行ー動物篇

インドは街中にも遺跡の中にも動物がフツーにたくさんいるんですね。

神聖な存在とはいえ、その辺にいてもぜんぜん気にしてないインドの人たちって、私たちには不思議な光景に見えてしまいます。

リスもあちこちで見ました。

この子はクトゥブミナールで会ったんですけど、



人慣れしてて可愛かった。

カメラ目線だし。




伏せしてるのわかります?

ぺちゃーって、すんごい可愛かったわ。




犬も多かったですね。

食べるか寝るかしかやることないか。




象は働いています。象タクです。野良象はさすがにいませんでした。




ラクダも働いています。




街中でも寝てます。




タージマハルの野良牛さんです。



バイバイ




野良馬もいますね。



他にも、野良豚、野良山羊などなど、共存。

猫だけはいないんですって。

ネズミも神聖なもので、猫はそのネズミを退治してしまうので忌み嫌われている存在なんだとか。

世界ネコ歩きはインドではNGってか。

ナマステ~♪

 

はじめてのインド旅行ーホテル篇

成田を17:55に出発して、デリーに到着したのが現地時間で23:45

ガイドさんが迎えに来てくれて、バスに乗って最初のホテルは「Glitz Western Inn, Delhi(グリッツ・ウェスト・イン)」

寝るだけなので、お湯も出たし、まずまず。

お水に注意ということで、洗顔もペットボトルのミネラルウォーターでって人もいるそうですが、さすがに曲芸状態になってしまうので、うがいなどにとどめましたけど・・・

生野菜禁止!生水禁止!氷禁止!

注意!注意!!

禁断症状が出ないといいけど。(笑)




2日目のホテルは、「Four Points by Sheraton(フォーポインツ・バイ・シェラトン)」

シェラトンのビジネスホテル版って感じ?

デリーよりホテルのグレードは上がりました。




朝の景色はこんな感じ。




3日目は、「Crystal Sarovar Premiere(クリスタル・サロバル)」

デラックスホテルだそうですが、隣室のテレビの音が丸聞こえで、うるさくて眠れなかった人もいました。

私はアーユルヴェーダのおかげか寝られてよかったです。




タージマハルが望めるお部屋ですが、見えますか?



視線をずらすと、こんな感じ。

だいたいこんな景色ですね。

建設途中なのかほったらかしなのか不明です。



おしまい

ナマステ~♪

 

はじめてのインド旅行ー世界遺産観光篇

はじめてのインド旅行に行ってきました。

完全無欠のツアーでした。

個人旅行でふらふらと旅をすることが多かった昨今でしたが、インドはさすがにツアーでないと、と思い申し込んだのが4月。

それから旅程表を見ながら巡る観光地をお勉強しました。

初心者向けの内容だとのことで、デリーとジャイプール、アグラの三角地帯の世界遺産を観光するのがメインでした。

途中途中でお土産屋さんにも寄りましたが、バスで連れて行ってもらえて、リキシャやジープ乗車も経験できて、ツアーの魅力再発見でした!

久しぶりにたくさん写真を撮ったので整理しながら旅を思い出しています。

よかったな~。楽しかったな~。

せっかくなので、テーマごとにまとめてみたいと思います。

では、世界遺産観光篇です。

最初に訪れたのは、デリー市内にある遺跡「クトゥブミナール」です。

72mの石塔です。




神殿などがきれいに残っています。




カヌレのような?(笑)




ジャイプールに向かう途中で日も暮れて、「風の宮殿」がライトアップされていました。




翌朝一番で向かう「アンベール城」が見えてきました。




ここまではジープで上がってきました。

象に乗って上がってくることもできます。




日焼け、虫よけ、スリ盗難、完全武装です。




アンベール城は幾何学模様の壁装飾が美しいイスラム様式のお城です。

あとで好き篇で紹介しますが、ここ大好きです♪





ここはなんでしょう?



当時のトイレだそうです。





それからジャイプールのピンクシティに戻ってきて「風の宮殿」に登りました。

ピンクが可愛らしくて上だけ見ればきれいな街です。(笑)




「シティ・パレス」は王様の宮殿で、今も使われていらっしゃるとか。

この日はご不在でした。

ここから先は撮影NG。




こちらの銀の壺はギネスブックにもなっているんだそうですよ。

銀は毒で変色するので、昔この壺に水を入れて安全を確かめていたとか。

このターバンのおじさんと一緒に写真を撮るとお金を取られます。




それから、「ジャンタルマンタル天文台」は不思議な場所でしたねー。



日時計だそうなんですけど。。。

曇ってきちゃったらガイドさんが、「天文台は大問題!」と残念そう(嬉しそう)に話していた矢先、「今だ!!」と叫んだので皆して腰を抜かしそうになって、



日が照ると影ができて、時間がわかるって装置でした。

ちなみにこちらのおじさんはガイドさんではありません。

いつの間にか合流していました。(笑)




これは、星占いって言ってたと思ったけど・・・

丸い穴のあいた円盤の影ができたところに何か星座があるらしい。




続いて向かったのは、「チャンド・バオリの階段井戸」



井戸なんですって?!すごいですよね。



どこもかしこも水枯れで、ここの井戸も水で満たされることはなくなってしまったそうです。




さてさて、最終日は「タージマハル」です!!




サリーをレンタルして、私たちが見世物ショーのような感じでたっぷりと観光しました。

プロのカメラマンが撮影してくれて(女優気取りのポーズはカメラマンの要求)、集合写真以外はあとで1枚100ルピーで買い取りです。(苦笑)





この旅最後の観光は、「アグラ城」でした。

要塞ですね。




これは、お風呂です。

元は黄金の風呂だったそうですが、英国が支配したときに純金だと思って持って帰ろうとしたときに壊れて、中が金じゃないことがわかって置いていったそうです。



おしまい

ナマステ~♪



 

マイボ~~~ル!

全6回のボウリング教室も最終日。

最後は全員で3ゲーム対決で、終了後に表彰式もありました。

マイボウルまで買っちゃって・・・(笑)



ハウスボウルとの違いの一つは、穴の位置です。

これでスコアがよくなったとかまだわかりませんが、もうハウスボウルには戻れない気がします。(笑)



ハンディキャップをつけて戦うので、常にうまい人が勝つとは限らないルールで、初心者にも楽しめるようなシステムになっているんですね。

来週からリーグ戦が始まります。

せっかくなので、参加してみます。

 

ボウリング教室でバックヤードツアー

先日のボウリング教室ではバックヤードの機械室を見学させていただきました。

表のキラキラとは違って、ザ・機械の世界にびっくりでした。

こんな風にピンが流れているんですね。




ちょっとわかりにくいですけど、ピンは10本あらかじめ準備されていて、倒れたピンと入れ違いにセットされるんだそうです。

ボウルは左側のベルトに巻き上げられて上がってきます。



普段は入れないエリアに入れていただけて、貴重な経験でした。

そうそう、ボウル買ったんですよ。

マイボウル&マイシューズ

ええ、趣味はボウリングです。


 

< はじめてのインド旅行ーホテル篇  |  一覧へ戻る  |  はじめてのインド旅行ー動物篇 >

PAGE TOP