HOME > ブログ > 8ページ目

ブログ 8ページ目

ルドン《眼をとじて》が美しいジュエリーになりました。

ルドンの独特の色の世界が大好きになりました。

先日訪れたルドン展のチラシの作品があまりにも素敵なので、ジュエリーに制作しました。

たくさんの色で描かれていますが、絶妙な調和が素晴らしいです。









絵画の色の世界は深くてとっても美しいです。

 

2018年4/10発売 『Bead Art 春号2018 Vol.25』に掲載

いつもビーズアートショーでお世話になっているジャパンビーズソサエティ社発行の『Bead Art』



2018年4/10発行の春号、Vol.25の特集「ブローチⅡ」、P.16に紹介いただきました。





淡くてマットなピンクカラーのアンティークネックレス

淡くてマットなピンクカラーのアンティークネックレスができました。

ビセルビーズ作品の中でも一番人気のカラーです。

くぁわわいくできましたね♪



アンティークネックレスは、ビセルビーズアドバンスコースⅠのステップ1で制作します。

 

柔らかなグリーンのマリコデザインネックレス

柔らかなグリーンのマリコデザインネックレスができました~!

絵画ジュエリーのルノワールのグリーンに薄い紫を入れて、味わい深い癒しのジュエリーになりました。



マリコデザインジュエリーは、ビセルビーズプレミアムアドバンスコースⅢで制作します。

 

ビセルビーズアカデミー2018年5月スケジュール

ビセルビーズアカデミーの5月のスケジュールはこちらをご覧ください。
スケジュールは変更となる場合がありますので、受講お申し込み時にご確認ください。

各コース共通のスケジュールとなります。
①10:30~12:30 ②14:00~16:00 ③18:30~20:30




5/13(日)の横浜クラスの会場は、
神奈川県横浜市西区南幸2-20-12 タイヨウビル205号です。
MAP)各線横浜駅徒歩5分


平日夜間のレッスン③についてはご希望に応じて開講いたしますので

ご相談下さい

 

※イベント出展などで休講となる場合があります。
 

少人数で開講しておりますため、空席がない場合にはご希望に添えないことも

ございますので、お早目にお申込み下さい。


体験レッスンはこちらからお申込みいただけます。

 


ゴンちゃんとルドン中♪

最近ゴンちゃんと作品制作♪ってな感じです。

おなかの下には制作中のパーツがまるで卵のように温められています。(笑)




構ってくれないからちょっと不満げ××

でもトレイのビーズには当たらないので、理解してくれているのかな~と、ホンマによーできた猫だニャ。





そうそう、今三菱一号館美術館で『ルドン展』が開催中です。

ルドンの独特の美しい色使いから刺激を受けるのもいいかもしれませんね。

 

お花がいっぱいのおされ~なドレスウォッチができました♪

お花がいっぱいのおされ~なドレスウォッチができました♪

時を刻む春のおしゃれにぴったりですね!





ドレスウォッチは、ビセルビーズアドバンスコースⅡのステップ2で制作します。

 

カラフルで可憐なお花いっぱいのロザンナネックレス


カラフルで可憐なお花いっぱいのロザンナネックレスができました。

ワンピースに合わせて♥結婚式のパーティに。

幸せがいっぱいつまったジュエリーです。





ロザンナデザインジュエリーは、ビセルビーズプレミアムアドバンスコースⅣで制作します。


 

ビセルビーズディスプレイマイスター検定試験実施しました。

先日の日曜日にビセルビーズディスプレイマイスター検定試験を実施しました。

今回のテーマは、「お菓子のパッケージ」を使ったディスプレイでした。

二段は、ツールとの組み合わせⅠ(初級)ということで、無事に合格!

事前に何度も写真を送ってアドバイスを受けて、取り組む姿勢が★を呼びましたね。






そして、初段はツール選び、こちらも合格!



ここに作品を合わせるとどんな素敵なことになるでしょう。



発想がないとなかなか難しいことかもしれませんが、身近にあるあんなものこんなものを使って作品をディスプレイする楽しさを実感していただけた検定試験だったと思います。

さて、次回のビーズアートショーは、今回のディスプレイ検定のテーマでディスプレイをしたいと思っています。

どんな風になるでしょうか、どうぞお楽しみに♪


 

ルドンにはまりそうです。

三菱一号館美術館で「ルドン展(ルドン-秘密の花園)」が5/20まで開催中で、私は今日出かけてきました。

正直どうかな・・・と思っていたのですが、ルドンの色の世界にめっちゃはまりそうです。

彼が色彩豊かな絵を描き始めたのは50歳を過ぎてからのことだとか。

それまではモノクロの、顔が眼だけの植物の絵とか、テーブルから顔だけ出てるとか、そんな画風でした。

色彩に目覚めてよかったですね、と勝手ながら私は思いました。

ジュエリーにしたい作品がたーくさんありましたので♥

食堂の壁を飾る装飾画や衝立のデザイン画なども、素敵すぎて動けませんでした。

大好きです。

で、ジュエリー作品はチラシにもなっているこちらの「眼をとじて」にすることにしました。

とってもきれいな配色にうっとりしました。



「グラン・ブーケ」は、三菱一号館美術館の常設展示です。

こちらはレプリカで、作品が飾られていた食堂を再現したコーナーです。

ここは撮影OK。



どんなに素敵な食堂だったんでしょう。



ルドンはモローっぽいのかな、と思っていたのですが、全然違いました。

彼しか描けない世界だと思いました。

三菱一号館美術館は毎月第2水曜日はアフター5女子割というサービスがあって、1,000円で鑑賞できます。

5時に到着した時に列ができていましたけど、入ってしまったら好きな絵をじっくり鑑賞できました。

とってもよい気分です♪

ジュエリーの方もお楽しみにね♥



 

<<前のページへ12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。

PAGE TOP