HOME > ブログ > 4ページ目

ブログ 4ページ目

セルフワークポイント説明【ビーズの拾い方】

丸小ビーズの拾い方のポイント説明です。


平面に置いた丸小ビーズの縁にテグスの先を乗せます。




テグスの先でビーズを横に倒します。

テグスの先をビーズの縁に引っ掛けて、横にちょっとずらすとビーズがコロッと立ちます。

力を入れてしまうと転がってしまいますので、力加減を注意しましょう。




すかさず倒して横になったビーズの穴にテグスを通します。



慣れるとスイスイと拾えるようになります。

わかりにくいところがありましたらご遠慮なくご連絡ください。


 
 

セルフワークポイント説明【テグスの編み戻しとカット】

テグスの編み戻しとカットの仕方のポイント説明です。

ここではボールチップと丸大ビーズの間にこぶを作った後からのご案内となりますが、他のアイテムでも同様にします。


丸大ビーズにテグスを通します。




こぶを丸大ビーズに隠します。




続いて編み戻しをします。

1~2粒ずつビーズに通していきます。




蛇の背中をすくうように、数粒ずつ通していきましょう。

テグスの先がすすっと入っていくと早くたくさん戻せそうですが、「急がば刻め」です。




レシピに示したところまで編み戻しをしたら、テグスをカットします。

ハサミでテグスを挟んで、少し引きながらはさみの重なった部分でカットするようにします。

この時に、ハサミを開いた部分にはテグス以外には何も挟んでいないことを確認します。

編んだ部分をカットしてしまうことがありますので、気を付けましょう。

「ギロチンに注意!」です。




完成後はテグスは見えない状態になっていることが、きれいな作品に仕上げるポイントとなります。

わかりにくいところがありましたらご遠慮なくご連絡ください。


 

セルフワークポイント説明【ボールチップとこぶ】

ボールチップの付け方とこぶの作り方のポイント説明です。

いろいろなやり方がありますが、ビセルビーズアカデミーでは特小ビーズを使った方法を使用しています。

レシピの補助としてご活用ください。


丸大ビーズを入れてから、テグスをボールチップの後ろ側の穴から通し、続けて特小ビーズを通します。

テグスをボールチップの穴に戻し、丸大ビーズとの間に出します。

特小ビーズを「捨てビーズ」にしています。

ボールチップと丸大ビーズの間にこぶを作ります。

ボールチップと丸大ビーズの間に隙間を空けないようにします。

隙間が空いてしまった時には、針で特小ビーズを引き出してテグスにテンションを掛けたらテグスを引きます。

①人差し指と親指でボールチップをつまんで、




②人差し指にテグスを掛けます。




③テグスを人差し指に巻いて輪にしたら、




④その輪を手前に外して、




⑤手前からその輪の中にテグスを通します。




⑥指で押さえながらテグスを引いて輪を小さくしていきます。




テグスを引ききったところ




①から⑥まで、もう一度同じことを繰り返します。

①人差し指と親指でボールチップをつまんで、




②人差し指にテグスを掛けます。




③テグスを人差し指に巻いて輪にしたら、




④その輪を手前に外して、




⑤手前からその輪の中にテグスを通します。




⑥指で押さえながらテグスを引いて輪を小さくしていきます。




こぶができました。



このこぶの作り方は、ボールチップと丸大ビーズの間の他、以下のアイテムでも同じやり方となります。

・ストラップ(輪を作る)
・ラリエットⅢ(ファイヤポリッシュと丸小ビーズの間)
・ラリエットⅣ(丸小ビーズと丸小ビーズの間)
・プロミスリング(丸小ビーズと丸小ビーズの間)

どのアイテムも、こぶが目立たないように小さく作ることが、きれいな作品に仕上げるポイントとなります。

わかりにくいところがありましたらご遠慮なくご連絡ください。

 
 

セルフワークポイント説明【丸カンの閉じ方】

丸カンの閉じ方のポイント説明です。

いろいろなやり方がありますが、ビセルビーズアカデミーでは平ペンチを2本使った方法をご案内しています。


平ペンチの先端の部分で丸カンの両端を挟みます。




丸カンの切れ目を前後にずらしながら近づけていきます。






少しでも隙間があるとチェーンや金具が外れやすくなってしまいますので、閉じ目がわからないようにしっかりとつけましょう。



わかりにくいところがありましたらご遠慮なくご連絡ください。

 
 

セルフワークポイント説明【パーツワーク:隙間解消するやり方】

シャワーパーツを使ったお花のパーツの花を編むときのポイント説明です。

レシピの補助としてご活用ください。


中の花を編んでそのままテグスを引くと、パーツとの間に隙間ができてしまいます。

隙間を解消する方法について、動画をお送りしてご案内することができますので、お知らせください。



こちらのブログのシステムの関係で動画の埋め込みができないため、ご理解いただけましたらとよろしくお願いいたします。

わかりにくいところがありましたらご遠慮なくご連絡ください。

 
 

セルフワークポイント説明【パーツワーク:ビニールシートの使い方】

シャワーパーツを使ったお花のパーツの仕上げ方のポイント説明です。

レシピと合わせてご活用ください。


お花のパーツが完成したら、

ペンダントパーツを取り付ける準備をします。




先に4カ所すべての爪を折ります。

平ペンチの直角部分を活用すると便利です。




4カ所すべての爪が折れたところ




パーツに傷がつかないようにビニールシートで保護します。




折りたい爪に平ペンチの先端をあてます。




平ペンチは握るよりも、折りたい方向に軽く「押し込む」イメージです。






爪はしっかりつぶしてしまわなくても、4か所折れてパーツが外れなければOKです。

平ペンチを力いっぱい握ってしまうと傷よりも凹みができてしまいますので、注意です。

わかりにくいところがありましたらご遠慮なくご連絡ください。

 
 

ピンクが華やかなヴィクトリアンネックレス

ピンクが華やかなヴィクトリアンネックレスが完成しました。

たくさんのテクニックがつまったネックレスは、時間をかけてじっくり取り組んで制作していただきます。

コロナ禍で教室がお休みだったため1年半ぶりの再会で、出来上がった時の感動も大きかったです。



ヴィクトリアンネックレスは、リバイバルベーシックで制作いただけます。

 
 

横浜クラス再開できました。

10/24(日)に横浜クラスが再開することができました。

1年半以上ぶり?でしたが、皆様お変わりなく無事にコロナ禍を過ごしてくださっていました。

でも不思議なことに、あまり月日の隔たりを感じなかったりして、嬉しい時間でした。

最初はやり方忘れちゃった、なんて戸惑いの声もありましたけど、少し手を動かしていたらすぐに思い出されて、さすが手が覚えてるって感動でした。

そして、さっそく誕生した作品たちです。

オレンジと黄色が優しい風合いのマリコデザインネックレスです。

感動です。




柿色とのリクエストをいただいてキットにしたドロップチョーカーも素敵に完成しました。




こちらはお花の密集ぶりが素敵なブローチⅡです。




やっぱりビセルビーズってすごいなぁと感心してしまいました。

このままコロナが落ち着いて、安全安心に教室が続けられますように心から願います。

 

ビセルビーズアカデミー2021年12月スケジュール

セルビーズアカデミーの2021年12月のスケジュールはこちらをご覧ください。
スケジュールは変更となる場合がありますので、受講お申し込み時にご確認ください。

各コース共通のスケジュールとなります。
①10:30~12:30 ②14:00~16:00 ③18:30~20:30



12/26(日)の横浜クラスの会場は、
神奈川県横浜市西区南幸2-20-12 タイヨウビル510号です。
MAP)各線横浜駅徒歩5分

新潟クラスは新型コロナウィルス感染症予防対応のため臨時休講とさせていただいております。

新潟クラス(五泉市にて開催)については、こちらからお問合せ下さい。

平日夜間のレッスン③についてはご希望に応じて開講いたしますので

ご相談下さい

※イベント出展などで休講となる場合があります。

少人数で開講しておりますため、空席がない場合にはご希望に添えないことも

ございますので、お早目にお申込み下さい。

体験レッスンは
こちらからお申込みいただけます。

セルフワークコースのご案内は
こちらをご覧ください。

 

 

ビセルビーズアカデミー2021年11月スケジュール

セルビーズアカデミーの2021年11月のスケジュールはこちらをご覧ください。
スケジュールは変更となる場合がありますので、受講お申し込み時にご確認ください。

各コース共通のスケジュールとなります。
①10:30~12:30 ②14:00~16:00 ③18:30~20:30



11/28(日)の横浜クラスの会場は、
神奈川県横浜市西区南幸2-20-12 タイヨウビル510号です。
MAP)各線横浜駅徒歩5分

新潟クラスは新型コロナウィルス感染症予防対応のため臨時休講とさせていただいております。

新潟クラス(五泉市にて開催)については、こちらからお問合せ下さい。

平日夜間のレッスン③についてはご希望に応じて開講いたしますので

ご相談下さい

※イベント出展などで休講となる場合があります。

少人数で開講しておりますため、空席がない場合にはご希望に添えないことも

ございますので、お早目にお申込み下さい。

体験レッスンは
こちらからお申込みいただけます。

セルフワークコースのご案内は
こちらをご覧ください。

 

 

<<前のページへ12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。

PAGE TOP